◆フランスワーホリ  ├Maroc(モロッコ)

【モロッコ旅行⑨】サハラ砂漠から黒砂漠へ!!(後編)

更新日:

ノマドの家到着!

遊牧民(ノマドの家)に付いたらミントティーを入れてくれ、モロッコパンがでてきた( ´∀` )

 

出来立てのモチモチのモロッコパン!!

 

こんな砂漠の真ん中でモロッコパン焼けるんや…

 

めっちゃくちゃ美味しかった!!!!!!

 

モロッコで食べたパンの中でナンバーワンの美味しさだった!!

 

 

 

そして寛いでると、お昼ごはんが出来たらしく、家の中へ招かれる。

 

(うちらお客さんは四角い家の横のテントで寝ます)

 

 

左:家 右のテント:うちらの寝床

 

 

砂漠の真ん中でモロカンサラダを食べる…

 

お昼はモロカンサラダ!!

 

 

 

…(;'∀')

 

実は前日、Hちゃんと『サラダ系の生ものはお腹壊しやすいから絶対食べるのやめとこうね!』

 

と話していたばかり…

 

 

 

昼飯はこのモロカンサラダしかない…

 

「…食べよっか」

 

「うん」

 

割と早めに腹括って食べることにww

 

うちらの適応能力凄いと自画自賛www

 

 

 

そして、めちゃくちゃ美味しい!!!

 

 

 

みずみずしくて美味しい…!!

 

腹壊したらその時考えようってことでw

 

 

 

写真では見えないんですが、サラダにめちゃくちゃハエがたかっています。

 

フランスでも、ハエが食べ物にたかっていても結構誰も気にしないので慣れていたというのもあるけど、

 

それにしてもめちゃくちゃたかってたけど、もうそれぐらいの事は全く気にしなくなってたw

 

美味しいからいいかなってw

 

 

 

あと、食べ物だけでなく、人間にもめちゃくちゃハエがたかって来るwww

 

人生でこんなにハエにたかられたのは初めてww

 

もう私は死体なのかな?ってぐらいハエにたかられましたwww

 

もうね、それも途中から気にならなくなるよねwww

 

 

 

 

猫が食べ物を狙っているwww

 

右の女の子たちはこのお家の子供たち。

 

 

砂漠の真ん中で何もしない贅沢

ご飯の後は家の中でぼーっと。

 

外散策行きたかったんですが、この日めちゃくちゃ風が強くてあまり外に出られず。

 

 

 

 

家の中にも沢山動物が入ってきますww

 

子供に虐められる子ヤギwww

 

 

 

 

逃亡www

 

 

 

 

猫は相変わらずマイペースw

 

 

 

 

私たちはペットボトルの新しい水を飲んでますが、この子達は何の水を飲んでるんだろう

 

そして異国に来た!って感じのシチュw

 

 

 

 

風がめちゃくちゃ強くて奥の方、砂丘の砂が舞ってます

 

 

 

 

子供がチャリ遊びを始めた

 

 

 

 

動物いすぎwww

 

 

ベルベル族を見に観光客がやってくる!

そしてまったりしていると、外国人旅行者たちがジープに乗ってやってきた。

 

何か、砂漠のノマドの家を少し見に来るツアーの模様。

 

ガイドさんが色々説明してて、各部屋を見て去っていきました。

 

うちらここに泊まるよって言ったら「アメージング!」って言われたwww

 

まぁ、そうですよねwww

 

つか最初ここの子だと思ったって言われたwターバン巻いてるけどさwそりゃねーぜw

 

 

 

てか、ノマドビジネス凄い。

 

この生活でメシ食ってるんだな。つか実は結構なお金持ちなんじゃないか?

 

 

 

 

ここがキッチン。

 

このキッチンでどうやってパンを焼き、食事を作っているのかマジで謎

 

 

 

 

家族の部屋。

 

部屋というのだろうか…

 

 

 

そんな感じで、キッチン、家族の部屋、うちらの居るリビング?のみです。

 

 

砂漠の真ん中で夕飯

夕方になると、お父さんが仕事から戻ってきたようです。

 

 

お父さんの周りには子供たちが!モテモテパパ!!

 

つか三姉妹だったんだねw

 

 

 

 

夕飯はクスクス!

 

私たちお客さんと、パパ、ラクダ使いや親せき?の男性は同じリビングでご飯を食べるんですが、

 

ママ、三姉妹はキッチンでご飯食べてました。

 

ああ、これがイスラム教なのかって感じ。

 

この辺はベルベル語?を使って話しているらしいんですが、

 

話してる内容を聞いてると、ちょいちょいフランス語の単語が出てくるんですよね。

 

やっぱりフランスの影響が大きいのかなー。

 

 

 

ママのご飯美味しい。

 

けどそろそろクスクスに飽きてきた…(;^_^A

 

結構クスクスって米と違って飽きるんですね。

 

 

 

あ、そういえばトイレは青空トイレです、もちろん!!

 

このツアー2日間はお風呂も入れません(*ノωノ)

 

 

砂漠の真ん中で野宿(ほぼ)

そして寝るのは横のテント。

 

蒸し暑いので家族は家の裏に布団引いて寝てました。

 

すげえ。

 

 

 

砂漠の中の星空は感動的だと聞いていたんですが、

 

風が強くて砂が舞うせいかあまり星綺麗じゃなかった…

 

折角新月の日に行ったと言うのに…

 

 

 

早々に寝ることにしたんだけど、

 

風が強くてしんどくて、家の中で寝ようと思い行ってみたら、

 

暗くて何も見えないので携帯の懐中電灯をつけた瞬間…

 

 

 

ギャアアアアアアアアアア!!!!!!!

 

虫!虫ィィィィィィィィィ!!!!!!!!!!!

 

 

 

明りにつられて虫という虫が私に向かって飛んできた!!

 

もう気持ち悪すぎて死ぬかと思った!!!(毎日死ぬかと思いすぎ)

 

まぁ、冷静に考えたらそうですよねって感じなんですけど(;´・ω・)

 

 

 

一瞬でテントに戻ったよね!!wwww

 

 

 

そして朝起きたら、良い感じに砂に埋もれていましたwwww

 

 

 

そうそう、ラクダ使いはうちらから少し離れて寝てたんだけど、夜中も動物がその辺中にいるので、

 

うちらの所に動物が来ないように追い払ってくれてたみたい。

 

 

 

ラクダ使いってめっちゃ大変な仕事だな(;´・ω・)

 

 

ひ弱なのでジプシーでメルズーガへ戻るw

翌日も凄い風。この中3時間かけてまたメルズーガに向かうのキツすぎ…

 

と言う事で、プラス料金でジープで帰れるって事でジープで帰りましたwwww

 

根性のない日本人でごめんなさい( ;∀;)

 

 

 

 

ジープで帰るよー!(クソ

 

 

 

 

ラクダが沢山!

 

 

 

 

というか、ものの10分ぐらいで街に到着

 

 

メルズーガの街へ戻る

 

え?早!ラクダに乗った苦労って何だったんだろうw

 

 

 

 

街はこんな感じ。

 

 

 

再びご飯を食べさせてもらったお家に夜の次のバス時間まで居させてもらいます。

 

つか、ここでようやくシャワー浴びられて!トイレもあって!!感動しました!!

 

屋根のある所で、ベッドで寝られる幸せ…!!!

 

めっちゃ噛み締めました…

 

 

 

トイレが個室で(紙が無くたって!)あること、シャワーがあってお湯がちゃんと出ること、

 

適温の室内、風や砂を気にせずベッドに横になれるなんて…

 

 

 

素晴らしい!!

 

なんて素晴らしいんだ!!

 

 

 

こんな風に感じられる日が来ようとはww

 

本当凄い。家って凄い…w

 

砂が入ってこないって凄い!!www

 

 

 

はー、本当にいい経験になりました。

 

 

 

ラクダ使いさんには本当我儘ばかり言って申し訳なかったわ…

 

スパダリラクダ使いさん、ごめんよ…

 

一生の思い出になったよありがとう…

 

 

 

それでは次は夜行バスに乗ってシャウエンへ行きます!!

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-◆フランスワーホリ,  ├Maroc(モロッコ)
-,

Copyright© フランス女一人旅 そしてワーホリへ… , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.